スマホ老眼の徹底的に改善&対策する方法!

スマホ老眼の徹底的に改善&対策する方法!

スマホ老眼の徹底的に改善&対策する方法!

今では若者について、持っていない方はいないと感じるほど多く普及しているスマホ。しかし、意外にもスマホが健康的に悪影響を与えることは以外にも知られておらず、それほど多くの方にとって革命的な存在だったのでしょう。

 

それでも近年多くの方が自覚し始めているのがスマホ老眼です。スマホを見続けることによって、近くのものがダブって見えにくくなる症状でしょう。若い人ほど辛く感じる症状ですので何とか改善しなければなりません。

 

そこで今回は、スマホ老眼の改善&対策方法について紹介していきたいと思います。

 

スマホの画面を眼にいい明るさに設定する

 

スマホはただ見ているだけでも、自然と眼に悪影響を与えてしまっていることをご存知ですよね。それには、画面の明るさや文字の大きさが関係しているんです。

 

なので、スマホを見ている間は眼への悪影響を軽減できるように、スマホの設定を調節するようにするようにしましょう。

 

 

まずは、明るさの設定です。

 

設定→画面表示と明るさを開きます。すると明るさを調節できるスライダがでてくるので、それをドラッグして自分自身が「グレーにくすんでいる色」だと思ったら暗すぎです。それよりももう少し明るい位置で止めましょう。

 

 

次は文字の設定。

 

設定→画面表示と明るさ→文字サイズを変更を開きます。すると、文字のサイズを調節できるスライダが出て来ます。調節する位置は丁度いい真ん中です。小さすぎても大きすぎてもあまり眼によくありません。

 

以上の方法を行って、日頃から少しでも対策を行うようにしておきましょう。

 

スマホ老眼ストレッチをする

 

2つ目のスマホ老眼改善方法は、スマホ老眼に効く眼のストレッチをすることです。そんなスマホ老眼ストレッチには様々な方法がありますが、今回私が推薦するのは「眼のふちをなぞるだけの体操」です。

 

では、方法を説明していきますね。

 

  1. 目にギュっと力を入れながらつぶり、力を抜いて眼を開きます。(5秒ずつ1分間)
  2. 両目を閉じて上まぶたと下まぶたが合わさるところに人差し指をのせ、目頭から目尻に向かってなでるようにマッサージします。
  3. 両目を閉じて眼窩上縁の骨の下を、下から優しく押し、目じり側にずらしながら押していきます。

以上でストレッチ方法は終了。どこでも何も使わず簡単に出来る方法なので、試してみる価値はありますよ。

 

以下の動画を参考にしてみてください!

 

 

眼にいい食べ物を食べる

 

眼にいい食べ物を日頃から、定期的に摂取することも大切です。
しかし、眼にいい食べ物と言えばブルーベリー!と思っている方もいらっしゃいますよね。

 

実は、ただ単にブルーベリーを食べてるだけでも、眼は一向に改善されません。目にいいとされている様々な栄養素をふんだんに摂取することが大切なんです。

 

そんな、目に良いとされている食べ物の栄養素は8つ

 

  • ビタミンA(レバー、人参)
  • ビタミンB(玄米、バナナ)
  • タミンC(ブロッコリー、アセロラ)
  • ビタミンE(ナッツ類)
  • アントシアニン(ブルーベリー)
  • ルテイン(ほうれん草)
  • DHAやEPA(サバ)
  • タウリン(牡蠣、ホタテ)

 

これらの栄養素が入った食材をしっかり摂取しておくことで、日頃からスマホ老眼の対策が自然と出来ていることになります。皆さんもぜひ試してみてください。

 

ガラケーに変える!

 

徹底改善するためには、やはりスマホを使うのを止めることに尽きるのです。この場合にガラケーに変えてPCを主体に毎日を過ごすことをオススメします。

 

ガラケーでもネットはできますが、画面が小さいのでスマホでネットするよりもよりストレスに感じるはずです。そのため、ガラケーでネットをする機会はメール送受信以外には使わないようになるでしょう

 

ただ、どうしてもスマホからガラケーに変えるのは無理と言う方は、スマホ老眼改善サプリを日常的に飲んで行くしかありません。
多くのスマホ改善サプリにはルテインやアントシアニンが配合されていますので、現状の生活を維持しながらも目の健康をできるだけ高めることできるようになるでしょう。価格的にも身の丈に合ったモノを選んでください。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ