スマホ老眼

スマホ老眼を改善するためのサプリが今話題沸騰!

スマホ老眼の改善と予防にはサプリを摂取すべき?

今や老若男女に使われているスマホ。一般的に、使用時には手に持ったままで頭を下にして画面を見つめる動作を繰り返します。しかし、スマホの長期使用はいわゆるスマホ老眼を引き起こすことも良くあります。

 

スマホを使用しなくても世の中はパソコンなどのデジタル機器に囲まれているので、眼へのプレッシャーは以前よりも一層強くなっているのです。それでも最近はスマホ老眼を改善できるサプリも多く販売されていますので、日常生活の改善に合わせて使うと非常に効果的でしょう。

 

スマホ老眼の悩みならぜひ飲んでおきたいサプリランキング!

めなり ← 初回979円

この【めなり】は、業界でもトップレベルの含有量を誇るビルベリー主体の老眼改善サプリです。特に使用されているビルベリーは、特許取得しているタイプのものなので他のサプリと大きく異なります

 

【めなり】に含まれているビルベリーの大きな特徴として、体内への吸収率が2倍と言う素晴らしさ持っていることです。もちろん、初めてのご利用であれば、15日間は料金の返金保証がきちんと付いているので非常に安心でしょう。

 

えんきん ← お試し1,000円

有名なFANCLがお届けするスマホ老眼改善サプリ【えんきん】は、目の機能性表示をしていて臨床試験も済んでいる優れものです。既に2015年末までに400万個以上を売り上げていて、多くのリピーターに愛されています。

 

この【えんきん】には北欧産のブルーベリーや黒大豆に含まれているアントシアニンの他、野菜に含まれるルテイン、そして水産物に含まれるアスタキサンチンやDHAも多く含まれているので目の健康を本当に考慮して開発されているのです。

 

めばえ ← 1日62円

数々のサプリを提供している【やわた】ですが、彼らがスマホ老眼改善のためにお届けするのが【めばえ】と呼ばれるルテイン主体のサプリです。ルテインの働きは目に物をハッキリと写し、目に負担を与える青い光から保護する役割を持ちます。

 

この【めばえ】の優れた点は、何と言ってもコストパフォーマンスの高さでしょう。また、ルテインの配合量も他のサプリと比べてもとりわけ多く、長く続けたい人のためにピッタリの健康食品です。

 

ルックルック ← 初回1,000円

ルックルックがお届けするスマホ老眼改善サプリは、ビルベリーとアサイーのハーモニーが自慢です。ブルーベリーでも最も高級だとされる北欧産のビルベリー、成分が最も濃いとされるAランクのアサイーを原料として使用しています。

 

もちろん、抗酸化作用を持つアントシアニンやDHAやルテインなど目の機能回復に役立つ成分を含んでいる他、アミノ酸やビタミンも含まれているので通常の健康回復にも大変効果的です。

 

スマホ老眼になってしまう意外なメカニズムは?

昔の若い人と比べて、今の若い人は視力の低下が進みやすい傾向にあるとされます。かつては映像を見る手段はテレビと映画のような限られたものだったのですが、パソコン・タブレットやスマホなどの端末がここ20年で一気に増加して来たこともあって人間は常に映像を見続けられるような環境が形成されました。

 

特にスマホなどはその優れた携帯性もあって、どんな場所でもつい顔を近づけて画面を見続けるものです。しかし、子供の頃から言われていることを思い出せば分かるのですが、近くで見過ぎると目が悪くなることは当然の流れでしょう。このスマホも全く同じで、長時間・長期間に渡って凝視し続けると近くを見るための目の力が徐々に失われて行きます。

 

それでも、近くを見続けることによってなぜ近くが見にくくなるのかと言うと、遠くを見ることよりも近くを見ることの方が実は目にとってよりストレスであるからです。この時に目の中にある筋肉が緩むことで焦点を合わせる力が鈍って、近くをよりはっきりと見るためのパワーが衰えて行くでしょう。

 

スマホは今若い人に多く使用されているので、若い人は若年性のスマホ老眼に陥りやすいとされています。つまり、老眼はもはや加齢によって悪化する症状ではなく、若い世代でも当たり前に頭を悩ませる存在となっている訳です。

 

特に画面の明るさを求める若い方は、よりスマホによる眼球へのダメージを受けやすいのでスマホ老眼は今後もより深刻化して行くことは間違いありません。
参考:スマホが老眼の原因?

 

 

 

スマホ老眼だと思う時の初期症状はどんなもの?

人間にとって目の機能は加齢によって次第に衰えて行くものですが、最近はスマホの普及によって年齢に関わらずに視力の低下などが深刻化して来ています。特に注目すべきなのは老眼でして、スマホが原因となるスマホ老眼が非常に多くなっているのです。

 

老眼とスマホ老眼の具体的な違いは、それが慢性的なものか一時的なものかという区別になります。しかし、スマホ老眼の初期症状は通常の老眼と全く同じで、近くを見た時に焦点の合うスピードが著しく遅く感じることが挙げられるでしょう。

 

一時的な老眼と言うことでスマホ老眼は意外に放置される傾向にありますが、スマホ老眼になることで慢性的老眼を発症する確率が上がることも指摘されているのです。つまり、弱年齢であっても老眼になるリスクが大きく高まることを意味しています。

 

デジタル機器であれば老眼へのリスクは同様に高いはずですが、スマホがPCなどの他のデジタル機器よりも深刻なのには大きな理由があるでしょう。それは、スマホの画面が非常に小さくて表示される文字もさらに小さくなるからです。

 

どんな方でも小さな文字を見ることが目に大きな疲れを生じさせますが、スマホはデジタル機器の中でもそのような状態に特に陥りやすいと言えるでしょう。特に若い人は暗いスペースでもスマホを使用する習慣を持っていますので、スマホ老眼を患うケースは比較的高い年齢のユーザーと比較しても桁違いに多くなって行くのは間違いありません。

 

スマホ老眼に悩む若者がこれから急激に増える?

ここ数年で急激に広まったスマホ、世界中のどの場所でも多くの方が使っています。しかし、その裏で多くのユーザーが悩んでいるのがスマホ老眼になるでしょう。現状から判断すると、スマホに起因する老眼を発症する若者はこれからうなぎ上りに増えて行くと見られているのです。

 

その大きな原因として、PCを購入せずにスマホをPC代わりにする若い方が増えているからでしょう。この傾向は日本の若者に特に多く見られ、現にPCを所有しなくても生活に事欠かない若者がかなり存在しています。

 

つまり、スマホを使う機会が圧倒的に増えることによって目へのプレッシャーが非常に多くなりますので、若者がスマホ老眼になる状況は携帯電話も使いこなせないこともある高齢者と比較しても圧倒的に多いと言えるでしょう。

 

PCを使わない若者のうち、PCの使うのが苦手と言う方も決して少なくありません。このような方はPCを使わなくても済む仕事に就いている場合も多いことから、プライベートでもPCを使う機会がほとんど無くなるのです。

 

将来的にもまだ続いて行くと思われるスマホの普及は、老眼の発症をより一層早くさせる可能性が高くなるでしょう。また、最近は未成年者がスマホを使うなど、使い始める年齢の低年齢化が非常に進んでいますのでスマホの普及が止まらない限りは悪化の一途と言えます。

 

スマホをこれから長く使って行く意思を持つ若い方の場合は、まずスマホ老眼の将来的なリスクを自ら認識しなければなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ